本文へスキップ

日本語  English

翻訳・通訳部会

 翻訳・通訳部会    部会長  清水 勝                 

  翻訳・通訳部会へのお誘い UIFA副会長 藤本 信幸 
我々が、現在の世界を理解してしかるべきなのは、例の Rudyard Kipling がうたった
 "East is East、and West is West, and never the twain shall meet." 「東は東、西は西。 ともに相会うことはあらじ」 式の西と東との差異は急速に消え去りつつある、という点です。 意思疎通手段の即時化、距離の短縮、「地球村」ならぬ「地球大での隣人関係」の増大などが変化をもたらし、それがさらに、その過程を加速化しつつあるからです。 それは同化というのではなく、人種や皮膚の色や宗教的信条の違いがどうであれ、遠い悠久の昔にさかのぼるなら、お互い同じルーツを共有していることへの理解や認識が高まっているということです。
 おそらく我々は、共通性という方向に立ち戻っているのだと思います。そして相互交流が盛んになり、通信手段が迅速化し、交通手段がハイピッチの度を加えているなど、昨今の変化のおかげで、文化交流が増大し、文化面での理解が深まり、たしかにいくつかの点で多少の違いはあっても、根本的にはお互いみな同じ "basically we are all the same",  という認識が大きくなってなっているのです。我々の部会はこういう認識に基づいて活動しております。


登録者はいつでも受け付けています。言語も問いません。
昨年度の活動です。

月日 事  業 活動内容と成果
6/1 翻訳・通訳ボランティア交流会

新規募集をし、既存の登録者との交流を図った。41名の参加者があり、29名が新規登録し、委員会の登録者数は約90名になった

/3 インターナショナルカフェ

約50名の参加者が英語、スペイン語、中国語、韓国語の各テーブルにわかれ、
ネイティブを中心に会話を楽しんだ

10/2 インドネシアデー

参加者約50名。インドネシアの伝統楽器のアンクルンの演奏、体験、インドネシアのジャンケンなどを楽しんだ。浦安在住のインドネシア出身者が作ったインドネシアのお菓子や料理もおいしくいただいた

11/6 モルディブ共和国についてのホストファミリー向けの説明会での通訳

11月末にモルディブ共和国からの高校生が浦安に滞在したが、彼らを受け入れるホストファミリーのために大使会員を招いて説明会を行った。その際に当委員会では通訳を派遣した

11/26 モルディブ共和国からの高校生の案内

外部団体からの依頼。国際学会での初めての通訳支援。
8名の通訳ボランティアが参加した。

9/5 モルディブ共和国からの高校生の案内

モルディブ共和国からの高校生を郷土博物館へ案内し、ホストファミリーを交えたレセプションでは通訳などの支援をした

2/18

日本の事を英語で説明するセミナー

日本の事を英語で説明するセミナーの第一回目として「日本の日常生活について説明する」セミナーを行った。20名が参加し、色々な事について英語で発表した



本年度の計画です。

月日 活動内容 目的・目標
7月

日本語禁止のイングリッシュカフェを開催する。

ネイティブの講師を囲んで英語の会話を楽しむ。

語学力を使う場を提供すると同時
UIFAと当委員会の存在を知って
もらう。

10月

ナショナルデー
ひとつの国をとりあげ、その国について知ってもらう
体験型の企画

世界の国について知り、その国に
まつわることを体験してもらう。
1月 日本の事を英語で説明するセミナー 日本の日常生活について説明する」事を学び、外国人との交流や受け入れの際に役立てる
毎月 英語力UP講座 委員会登録メンバーの英会話力
ブラッシュアップ
下期 下期にイングリッシュカフェの第二回目開催を計画 昨年のアンケート希望を実現
随時 1.市役所の地域ネットワーク課との連携により、 外国人への、各種アシストを行う
2.各種イベントでの通訳、外国人向けの各種資料の翻訳

浦安市国際交流協会(UIFA)

〒279-0003
浦安市海楽1-29-12 TMビル3F

TEL 047-381-5931